よくあるご質問

いつの時期でも、お客様のご都合の良い時期、またはご希望に応じた時期にケニアを訪れて下さい。例えば、フラミンゴを見られたい方は、フラミンゴが見られる 事で世界中でも名の知れているナクル湖だけではなく、季節・時期によりフラミンゴは湖を移っていきますので、お客様が訪れる時期にフラミングが多く見られ る湖へご案内いたします。 また野生の鳥に興味のある方は鳥が多い保護区へ、絶滅仕掛かっているサイ(黒サイ・白サイ両方)を見られたい方はその保護区へ、チンパンジーを近くで見られたい方は、その保護区へご案内いたします。 毎年7月から9月に 掛け、タンザニア・セレンゲティ国立公園とマサイマラ国立保護区の間で見られる世界の8不思議にもなっている「ヌーの河渡り(大移動)」を見るために、世 界中からケニアを訪れる方が年々増えています。河渡りを見られたい方は、その期間がベストとなります。 また、ビーチも楽し まれたい方は、インド洋に面した白い砂浜のビーチがケニア海岸地方モンバサやマリンディにあります。海岸地方では1年中泳げますが、夏の気温を楽しまれた い方は、ケニアの冬(ヨーロッパや日本の春・秋程度の気温)と言われている7・8月を除いた時期をお勧めいたします。
ピーク・シーズン: 1年中で最も高くなるシーズンはサマーホリデーがある8月とクリスマス前12月中旬からお正月明けまで(1月3日まで)です。 ハイ・シーズン: 7月から10月に掛け料金がローシーズンより高くなります。 ローシーズン: 4月1日から6月30日まで。 フェスティブ・シーズン: 年2回あり、一つは3月か4月頃にある(日は毎年変わる)イースターホリデー。金曜日のグッド・フライデーから翌週月曜日のイースター・マンデーまでで、土日を挟む4日間、金曜日と月曜日は祝日ともなります。もう一つは上記と重なるクリスマス時 期。この二つのフェスティブ・シーズン期間は通常料金にイースター・サプリメントまたはクリスマス・サプリメントの追加料金(1日1人に対し30ドル程 度)が掛かるため少し高めとなり、そのため、この時期にはホテル内のデコレーション、食事やエンターテイメントも豪華になります。 上記ローシーズン料金は多くのホテルやロッジにおいて、料金が安くなりますが、動物は1年中を通し国立公園・保護区において見ることが出来ます。ホリデーシーズン以外に訪れる方を増やすため料金を低めに設定してあります。
2015年7月1日よりオンラインでビザ申請が可能となりました。 詳細は、ケニア政府入国管理ウェブサイト http://www.immigration.go.ke/downloads/eVisa-newspaperad.pdfをご参照下さい。 このサイト https://account.ecitizen.go.ke/register でビザ申請が出来ます。 従来の各国のケニア大使館を通しての事前申請、または入国時(ケニアご到着時)、国際空港、入国管理カウンターにて入国ビザを取得する方法は、オンライン申請の形へ移行しました。
はい、黄熱病予防接種が必要となります。厚生労働省検疫所のHP、http://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html#list をご参照下さい。摂取後の副作用は個人差がありますが、あまりありません。1回の接種で、2016年7月11日以降は、これまでの「接種10日目から10年間有効」から「接種10日後から生涯有効」へと変更されました。摂取後、検疫所から発行される予防接種証明書をパスポートと一緒にお持ち下さい。 日本国内で黄熱のワクチン接種を行っている検疫所は、全て予約制となっています。事前に摂取希望先へ予約をお取り下さい。詳細は各検疫所ホームページでご確認下さい。
ケニアには二つの国際空港があります。ナイロビ(ケニアの首都)にはジョモ・ケニヤッタ・国際空港、モンバサ(ナイロビから南東約500km、インド洋に面した海岸地方の都市)にはモイ国際空港があります。 ナイロビ到着の主な国際便は下記の通りとなります。 エミレーツ航空(成田空港または関西空港からご出発の場合、ドバイ経由となります。) カタール航空(成田空港または関西空港からご出発の場合、ドーハ経由) エティハド航空(成田空港または名古屋空港からご出発の場合、アブダビ経由) 大韓航空(ソウル経由。ソウル発着便は日本各都市へ多くの直行便あり) 他、トルコ航空、ケニア航空、KLMオランダ航空、スイス航空などが運航しています。
ケニアは東アフリカ にあり、インド洋に面し、赤道上に位置しています。ケニアは大きく分けると4つの地帯、半乾燥地帯、サバンナ草原、肥沃な低地と高地、海岸地方と地域によ りそれぞれ全く違う特色を持っています。ケニアへ訪れるほとんどの人は「ケニアは世界中で最も心地好い気候」と言われる程、暑くもなく寒くもない一年中春 と秋のような服装で過ごせます。雨期と乾期がありますが、雨も一日中降ることはほとんどなく、夕方から降りだし朝には止む、日中は青空が見えるという事を 繰り返します。赤道の北半球、南半球の違いを証明するデモンストレーションを見せる箇所がナイロビ以外の地方でナクル付近やケニア山付近のナキュキなどに あります。水が入っているバケツの中へ細い棒(楊枝でも)などを水の上に浮かすと、北または南に応じ、少しの場所の移動で、時計回りとその逆回りが見られ ます。ケニア山付近にあるホテル、マウント・ケニア・サファリクラブのホテル内の床には「北半球」と書かれたタイルと「南半球」と書かれたタイルを見つけ ることも出来、一歩踏むと、「北半球から南半球へ」というユニークな面白味を見せています。 服装の基本は、春秋 のスタイルで、カジュアルなズボン、スニーカー、テニスシューズ等をお勧めします。日によっては日中暑い(30度程)場合もありますので、半袖、ショーツ など、但し、朝夕は冷え込みます(5から10度程度)ので、ジャケット、靴下などが必要となり、スカーフ、薄手のマフラーなどがあると重宝されます。多く のホテルやロッジにはスイミング・プールがありますので、泳がれる方は水着、サンダルなども必要となります。タオルは宿泊先にバスルーム用、スイミング用 (リクエストにより)と用意されてあります。また海岸地方へ行かれる方は1年中泳げますので、夏の服装となります。
ケニアには四季がな く、雨期・乾期に分かれます。雨期でも雨が降るのは、大体夕方から朝方に掛けて降りますので、日中は日が照ります。日中は春の服装、例えば半袖にジーンズ またはショーツ、朝夕は冷え込みますので、秋の服装、必ず一枚の上着、ジャケットやセーターが必要となります。インド洋海岸地方へ行かれる場合は、夏の服 装となります。 サングラス、スカーフ(またはバンダナ、薄手のマフラーなど)、帽子、日焼け止めサンローションまたはアフターサンローション、リップクリーム、ウェットティシューなどがあると重宝します。ウェットティシュー、リップクリームなどは手軽にスーパーなどでも手に入ります。 水着(多くのホテルやロッジにはプールの設備があります。雪はありませんが、ケニアの冬と言われるのは7・8月に当たります。日によりまたはプールの水が冷たくても大丈夫な方はその季節でも泳げます。12月・1月が暑い時期でナイロビですと気温28度程度となります。)
海 外から見るケニアの印象とは対照的に安全な国です。例えばアメリカのように一般の人が防衛のために銃などを持つ事は法律で認められていません。但し、他の 国同様、最低限注意しなければならない点があります。お客様が移動する範囲内には含まれない危険な地域、例えばスラムなどの地域は一般のケニア人でも通常 は近寄りませんし、そういう地域へは行きません。また弊社ドライバー・ガイドは安全第一をプライオリティーに置いています。ホテルやロッジの部屋に貴重品 などを置いて外出しないようにして下さい。ホテルやロッジの多くは、各部屋・テント内に貴重品を保管できる金庫が備え付けてあります。コード(お客様が考 える4桁の新しい数字)で開け閉め出来ますので安全です。大きなショッピングモールなどがありますので、お買い物など必要の際は、事前にお問い合わせ下さ い。弊社スタッフがご案内いたします。市内のホテルやロッジは24時間のセキュリティーが付き、国立公園や保護区内のロッジ・キャンプにおいても同様で す。
いつの時期においても、お客様が在住なされている国を離れる場合は、旅行される期間の海外旅行保険に加入されることをお勧めいたします。ケ ニアではチャーティス Chartis保険会社 (元AIG、アリコ関連)そしてUAP保険会社が海外ネットワークを持っており、万が一の場合はナイロビより速やかに代理店へ連 絡出来ます。弊社車輌は全車、総合車両保険に加入しております。また他の保険加入はお客様の手配によります。
国 立公園内、保護区内は限られた認められる範囲以外は歩けません。ゲームドライブ(サファリ)を含めた公園内での移動は車両によりますので、確実に安全で す。経験のある観光省によるライセンスを持つドライバー・ガイドが公園内をご案内いたします。何事も公園内だけではなく、公園外においても、安全第一をプ ライオリティーにおいております。車両の天井を開けますので、動物を見易いように、座った り、立ったり、ご自由にして下さい。または写真を取り易いようにドライバーへ伝えていただけますと停車もしますし、臨機応変に対応いたします。双眼鏡をお 持ちになられると、遠くにいる動物もよく見えますので重宝します。ロッジやホテルによりレセプションで借りれる場合もありますので、必要とされる場合は事前にお申し付け下さい。
大きく分け3、4種類のタイプがあります。 サファリ・ロッジ・タイプ 公園や保護区内のサバン ナや森の中に100から200の客室があります。レストラン、ラウンジ、バー、スイミングプール、中にはゲームルーム(スニーカー、ビリヤード、卓球な ど)、ジャクジが付いているロッジもあります。各部屋にはティー・コーヒーが飲めるように電気ポット、貴重品を保管出来る小さな金庫、ヘアドライヤー等も あります。ロッジにより各部屋一つ一つが独立したコテージになっている所もあります。 豪華系テント型 各テントが一つ一つ独立しているタイプ。ロッジやサファリキャンプにより20から50テント部屋があり、各部屋内には、バスルーム、シャワー、トイレ、ドレッシングルームが付き、洋服が掛けれるようなワードローブもあります。コーヒーやティーが作れるように電気ポットが置いてあります。各テントの前や、ベランダには、くつろげるように椅子が置いてあり、中にはサンベッドなども用意してあるサファリキャンプもあります。敷地内には、レストラン、ラウンジ、バーなどもテント式で、サファリの雰囲気を醸し出そうとデザインされてあります。他、プールはほとんど付いています。中にはミニゴル フ、卓球(テーブルテニス)、バドミントンなども出来る所もあります。 テント・タイプ ロッジによりテントがスタンダード・テントとクラブ・テントの両方がある所もあり、客室は20から100と、ロッジにより異なります。各テントにシャワールーム・トイレが付いています。 移動タイプのテント キャンプサイトにテント、マットレスがあり希望の場所にテントを張ります。食事のための用具・調理はご自身で。トイレ・シャワーは共同。中にはテントが備え付けのキャンプサイトもあり、コックが料理してくれる所もあります。 市内のホテ ルのみでなく、国立公園や保護区内にある ロッジまたはテント型ロッジ、キャンプのいずれのタイプにしても、お部屋のご希望、例えばダブル1部屋(2名様)とトリプル3人用1部屋(3名様)、また は小さなお子様のいらっしゃる場合、エキストラベッドをツイン1部屋の中に追加するなど、ご希望に応じて手配いたします。
何人からでも承ります。人数が多い程、料金が安くなります。 車両をご利用の場合、サファリ用の車両は全員窓側席をご利用出来るように6名様までとなります。実際に乗れるのは一台に付き7名までとなります。但し、大きなスーツケースなどの荷物と一緒に移動される場合は4名様から5名様までご利用になれます。 市内にあるホテルそ して国立公園や保護区にあるロッジやキャンプのほとんどのお部屋は2名様用のツイン部屋が基本となっています。そのため1名様でご利用されるより2名様で ご利用された方が料金が安くなります。また1名様の場合でもプライベートで専用車を手配、または公園内のロッ ジ専用車にて他のお客様と混載でサファリへ行く形も取れます。
VISAやマスター カードはショッピングモールを始め、ホテル、ロッジ、レストラン、土産店などの多くの所でご利用出来ます。但しアメックス、ダイナースクラブ、ダイアモンド、JCBなどは限られた所でご利用出来ますので、事前にどの種類のカードをご利用される予定かをお知らせいただけましたら詳細をご案内できます。
VISAとマスター カードのみ、現在取り扱っております。カードをご利用の場合は、オンライン決済となり、弊社指定のサイトをご利用していただく形となります。 お支払いの際は、4%の銀行手数料を旅行代金に加算しお支払いいただいております。
ご 希望の部屋または宿泊先を確約するため、早めのご予約をお勧め致します。8月や12月中旬からお正月に掛けてのピークシーズンは4ヶ月から6ヶ月前にご予 約された方がご希望の宿泊先を確約し易くなります。また毎年3月か4月頃にあるイースター・ホリデー、金曜日、グッド・フライデーから翌週のイースター・ マンデーまでの4日間を含め、その前後は国際便飛行機も混みあいますので、この時期に訪れるご予定のお客様はお早めのご予約をお勧め致します。 他の時期は1ヶ月以上前のご予約をお勧め致します。
ご希望に応じ、旅行日程をご確認された上で、ご到着の45日前までには、弊社銀行口座へお振込み手続きを取っていただきます。 ・尚、弊社では受取に対する銀行手数料を負担いたしますが、ご送金の際、生じる銀行送金手数料は、お客様のご負担となりますので、予めご了承下さい。 ・8月、12月ピークシーズンのご予約の場合は、ホテルやロッジにより45日以前より早めのデポジットが、ご予約確約のために必要とされる場合がございます。その際は事前にご案内いたします。 旅行代金の支払方法: 1. 旅行日程が始まる45日前までに旅行代金の全額を弊社取引銀行指定口座までご送金手続きを取っていただきますようお願いいたします。銀行口座詳細は、日程をご確認された後に、メールにてご案内させていただきます。IBAN アイバンコード: ケニアの銀行において、アイバン・コード(国ー銀行ー支店ー口座の順番を番号にしたコード)は利用されていません。ヨーロッパ、オーストラリアなどユーロ 貨幣を広く使用する国にのみ該当するため、アフリカでは、南アフリカを含め、このコードは利用されていません。ケニアでの主な外貨銀行口座は米ドル通貨となっております。 2. オンラインでVISAまたはマスターカードをご利用のお客様は、日程をご確認されてから、メールにて詳細を送らせていただきます。ケニアシリングでのお支払の場合は、M-Pesaやaitel-moneyもご利用になれます。
水道水は処理してありますが、ペットボトルのミネラル・ウォーターを飲まれるようお勧めしています。ほとんどのホテルやロッジにおいては、ミネラル・ウォー ターを各部屋に用意してありますので、飲み水または歯磨きなどにもご利用下さい。お部屋の中にコーヒーや紅茶を飲むために、お湯を沸かす電気ポットが付いているホテルやロッジもありますので、お湯を沸かす場合もミネラルウォーターをお使い下さい。 サファリ中は、弊社において、お一人様、1日につき1本500mlを車両の中に用意しております。それ以上必要な場合はお買い求め下さい。
宿泊先によ りその日のメニューは異なりアラカルテの所もありますが、ほとんどのホテルやロッジではビュッフェ式(バイキング)となっております。お肉はビーフから始 まり、チ キン、ラム、ポークなどがあり、日によってはバーベキューが用意されることもあります。他魚類があり、主食類はごはん、スパゲティ、パスタ、タンドーリ (ナン)、チャパティ、ウガリなど。 新鮮な野菜・果物が豊富です。またほとんどのホテル・ロッジではスープ、デザート、コーヒー・ティーが含まれています。朝食には何種類かのジュースが付 き、卵はお好みの形(オムレット、目玉焼き、ゆで卵など)で注文出来ます。コックが目の前で焼いてくれる所もあります。 ナイロビやモンバサ(海岸地方)では、レストランが多くあり、日本食を始めとし、中華、インド、イタリアン、フレンチ、ブラジル、レバノン料理、風変わり なエチオピン料理もポピュラーです。
国立公園や国立保護区内にある主なホテル、ロッジやキャンプでは、ベジタリアン・フードを用意しております。特別な配慮が必要な場合は、事前にお知らせ下さい。
ウガリ とうもろこし粉から作る。沸騰したお湯の中にとうもろこし粉を適度に入れ、混ぜていく。煉りながら充分に20分以上は蒸す。お肉や野菜と一緒に、または魚と一緒に。キャベツの一種ケイル(英語名kale)や緑色野菜スクマウィキ(sukuma wiki)と呼ばれる野菜と共に食べるのはケニア西部では欠かせない食事の一つ。 チャパティ 白い小麦粉から作り、近年ではブラウン粉と混ぜたり、ブラウン粉だけでも作られている。お水、小麦粉を混ぜよく煉る。適度なサイズに丸めて分け、一枚一枚をこし棒で平たく伸ばしていく。インド料理の「ナン」に似ている。 イリオ(ムキモ) とうもろこし(ホワイトメイズ)、うずら豆を含む数種類の豆、じゃがいも、グリーンピース、好みによっては緑色野菜、バナナも含み、全てゆでて(または煮て)混ぜ合わしてから、つぶす。栄養満点。 ギゼリ ホ ワイト・メイズ(白トウモロコシ、但しスイートコーンのように柔らかくはない)とうずら豆が主。好みにより他の種類の豆を加えたり、お肉を混ぜたりもす る。白トウモロコシとうずら豆をゆで、タマネギとトマトで炒め出来上がり。とてもおいしい。道端の角などで七輪を利用して焼いているのは、このホワイト・ メイズ。一本30シリング(約30円)で売っている。 ニャマチョマ 「ニャ マ」はスワヒリ語で「肉」、「チョマ」は焼くの意味。一般にヤギの肉を炭焼きにしたもの。マトン、チキン、ビーフなどもある。ローカルレストランでは、お好みの部分(足、胸など)の肉を指定して、その場で焼いてくれる。生肉が1時間以内においしい焼肉に!一度食べるとやめられない。 ケニアン・バーベキュー 焼 肉の串(30cmまたはそれより長い鉄の串)に挿されたひとかたまりのビーフなどの焼肉をウェイターが次々とお皿の上に一切れずつ切り置いていく。数分も 経たない内に他のウェイターが、違う串を持って来て、また一切れ。お皿の中はビーフ、チキン、ポーク、マトンなど様々なお肉で一杯になります。有名なカー ニボア・レストラン(ケニアン・バーベキュー)やフォゴ・ガウチョ・レストラン(ブラジル語でカウ・ボーイの意味)がナイロビにあります。予約要。 マンダジ 小麦粉、卵、ミルク、砂糖そして一つまみの塩を混ぜよくねる。適度な大きさに分け油で揚げる。お好みに合わせしょうが、シナモンまたはカーダモンなどのスパイスを加えてもおいしい。 サモサ 小麦粉と水を生地にしたものを皮にする。ひき肉、タマネギ、ガーリック等を下準備し、それを中身にし、生地で固めたものを油で揚げる。中身はひき肉ではなく ても、鶏肉や野菜などを入れたり、または野菜だけにしてもおいしい。小さめのサイズにし、少量の唐辛子をミックスしたり、スパイスを効かせたりすると、お酒のおつまみにも最適。
ケニアの国の言葉はスワヒリ語ですが、公用語は英語とスワヒリ語が使われています。教育は一貫して英語で授業が行われ、スワヒリ語は読み書きが中心の一つの教科としてあります。大学ではスワヒリ語教科はなくなります。 都市部では、スワヒリ語の俗語が多く使用され、タンザニアで使われるスワヒリ語とは異なります。但しケニアの海岸地方へ行くと英語よりもスワヒリ語が多く使われています。ケニアの部族語は40以上もの部族語があり、 地方へ行かれると耳にすることが多くなります。 ホテルやロッジのスタッフ、空港などでは、英語が100%通じます。中には日本語の挨拶程度またはそれ以上を話すスタッフに出会われる可能性もあります。また、サファリドライバー・ガイド の中にはフランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語などを巧みに話すドライバーを見かけれるかもしれません。
ケニアの電圧は220-240V、50Hzです。 日本の電気 製品に合 うように上記写真(中)のアダプターを、必要の際は用意(貸し)致します。ケニアのソケットは左の写真のようになっているBFタイプです。電気を使用の場 合は、左の写 真にあるスイッチを下に押して下さい。アダプターを付けると、右の写真のようになり、日本の電気製品が使用出来ます。但し電圧が高いので、110Vの電気 製品を使用の場合はトランスフォーマーが必要となりますのでご注意下さい。シェーバーやデジタル・カメラの電池などのチャージは、多くのホテルやロッジの バ スルームに付いています。ヘアドライヤーは各部屋(テント)に備え付け、またはレセプションで貸す場合もあります。必要な場合は事前にお問い合わせ下さ い。
ご利用規約 海外旅行保険について: ご旅行期間、万が一のご病気・事故などのために必ず海外旅行保険への加入をお勧めします。緊急な医療保護・救援などを要する場合が発生した場合のために旅 行地より早急に撤退できる措置が含まれている保険が好ましいといえます。タッチ・ケニア・サファリ社は陸路をご利用されるお客様のために、全車両、車輌総 合保険に加入しております。 義務: タッチ・ケニア・サファリ社が手配した全ての予約に関し、ホテル・ロッジ・キャンプなどの宿泊先において起きた事故に起きましては責任を負えません。弊社 はあくまでもホテルやロッジとの契約の基に、手配先が責任を負うことが正規とみなします。タッチ・ケニア・サファリ社は、お客様を弊社車輌に乗車させる 際、緊急事態が発生した場合、ケニア共和国の法律に基づき対策を取ります。全ての手配に置き最善を尽くしますが、持参された物を個人の不注意により紛失さ れたり、壊された場合には全く責任を問われません。 動物を見られる時の注意: 野生動物はいかなる種類のものでも危険である事を忘れないようにご注意下さい。安全性を問うため、公園内や保護区では一部を除き歩く事は認められておりま せん。どのような場合もドライバー/ガイドまたは係員の指示が無い限り、車輌からは降りないようにして下さい。ゲームドライブの際、動物は随時動いている ため、見られたい動物に遭えるかどうかの保障はありません。 ツアーのルート変更について: 安全制の面におき、止む負えなくルート変更する場合は、タッチ・ケニア・サファリ社が権限を持ちます。グループ・ツアーの場合、時間に遅れる人が出た場合、その人を除きツアーを遂行する権限を持ちます。その場合返金は無い旨、予めご了承下さい。 宿泊先: お客様のご予算・ご希望に応じ宿泊先を選択します。 キャンセル料: 65日前にキャンセルされた場合は全額返金となりますが、あくまでもご予約されたホテル・ロッジの規約に基づきます。40日前のキャンセルの場合は 25%、30日前は50%、20日前は100%掛かります。タッチ・ケニア・サファリ社はピークシーズンにおいてのキャンセル料においてはその返金額を定 める権利を持ちます。 旅行代金の支払方法: 1. 旅行日程が始まる45日前までに旅行代金の全額を弊社取引銀行指定口座までご送金手続きを取っていただきますようお願いいたします。銀行口座詳細は、日程を確認された後に、メールにてご案内させていただきます。IBAN アイバンコード: ケニアの銀行において、アイバン・コード(国ー銀行ー支店ー口座の順番を番号にしたコード)は利用されていません。ヨーロッパ、オーストラリアなどユーロ 貨幣を広く使用する国にのみ該当するため、アフリカでは、南アフリカを含め、このコードは利用されていません。ケニアでの主な外貨銀行口座は米ドル通貨となっております。 2. オンラインでVISAまたはマスターカードをご利用のお客様は、日程をご確認されてから、メールにて詳細を送らせていただきます。ケニアシリングでのお支払の場合は、M-Pesaやaitel-moneyもご利用になれます。 外貨両替: 日本円を含む米ドルなどの主な国際通貨からケニアシリングへの換金は、外貨交換所、銀行またはホテルやロッジで出来ます。
ヌーは毎年2回、水 と緑を求め、タンザニアの北西にあるセレンゲティ国立公園とケニアの南西にあるマサイマラ保護区の間を移動します。何万頭という数で移動する時の壮大な 音、河の中に潜んでいるワニに襲われないように渡ろうとするヌーの生死の戦いの凄まじさ、他のヌーに圧され河に流されてしまうヌー、ヌーと共に渡ろうとす るシマウマやアンテロープ(かもしか)の姿は、近年「世界の7不思議の一つ」にも挙げられました。ケニアからタンザニアへの移動は大体7月から9月上旬の 時期ですが、毎年前後のずれがあります。